<< 改正育児休業法のポイント、ってちょっと遅くてすいません | main | 定年後の継続雇用制度導入の特例措置終了 >>
2011.01.27 Thursday

新卒者就職実現プロジェクト事業、拡充されました

大学等を卒業後安定した就労の経験がない既卒者、または平成22年度に大学等の卒業を予定している者を平成23年2月1日以降に採用した場合、下記の助成金の対象となる可能性があります。
ただし、平成23年3月31日(平成22年度)までの期限付き緊急措置となっています。

ハローワークの紹介であること等の要件がありますし、助成金申請の際にはハローワークから出勤簿、陳儀台帳の写の提出を求められたり、残業手当がきちんと支払われているか等のチェックがありますので、詳細はハローワークにご確認ください。

なお、採用未決定者の就職促進が目的ですので、すでに採用が内定している方、23年1月31日以前に職業紹介を受けている方(採用日ではありません)は対象外となります。

リーマンショック時に実施された雇用の安定図る施策から新卒者の雇用確保に、雇用行政がシフトしていますね。まずは景気の回復、企業の経営安定がなされないと難しいのではないかと思います。

 ―成金手続きの流れ 
助成金手続きの流れ
◆ヾ卒者トライアル雇用助成金 (表裏各1枚)
  有期雇用期間(6か月)に月額10万円支給、正規雇用した3か月後に50万円支給

既卒者既卒者
 既卒者採用拡大助成金 (表裏各1枚)
  正規雇用から6か月後に100万円支給

既卒者採用拡大助成金p1既卒者採用拡大助成金p2
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
私の本だな
大友労務管理事務所はこちら
http://roumu.biz/
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM