<< 友人が「人材活用に大事なことはすべて少年野球から教わった」という本を書きました。 | main | 70,700人の挑戦~社会保険労務士試験終わる~ >>
2010.08.13 Friday

育児休業手続きは複雑です(ブログニュース)

 社会保険でも国民健康保険でも、出産にあたって出産育児一時金(概ね42万円)が支給されますが、この手続きがちょっと迷走ぎみです。先日は毎日新聞のニュースにもなっていましたが。。。

 原則として、出産費用が42万円を超えてかかれば差額は自己負担、42万円より少なければ後日保険者(市や協会けんぽ)に請求するということで、出産する被保険者にとっては出産費用の負担軽減となるとてもいい制度(直接払制度といいます)になりました。
 
 が、産院の現金収入減少による経営危機を回避するためにこの制度の適用に猶予措置を設けています。適用猶予をするかどうかは産院次第です。これが迷走の原因。

 さらに、帝王切開等で高額療養費が絡んでくると、42万円を超えたのか超えないのかがよくわからない。けっこう社労士泣かせです。

 その他にも、出産手当金・育児休業開始届・雇用保険の育児休業給付金等育児休業関係の手続きはとても複雑になっています。下記のようなチャート作ってお客様に説明しています。
育児休業手続フローチャート

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
私の本だな
大友労務管理事務所はこちら
http://roumu.biz/
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM